aiko夢日記

見た夢、起きたこと、気になるワードのメモブログです。知人の夢研究がおもしろそうなので、自分も夢を書いてみることにしました。

最近考えたこと

最近、じっくり考えて

自分なりに出た結論が2つある。

覚え書きにしては長いけどここに保存しておこう。

そのひとつめ。



自分の中に起こった感情を

状況的に認めるわけにいかない時もある。

自分ではその感情を分かっているけど

なかったことにしたり

なくそうとしたりしてしまう。

そうしないと苦しかったりつらかったり

耐えられないこともあるから。


だけど

同じ魂で違う時代を生きた自分の過去世も

同じ相手に同じように思い悩むことがあったと聞くと

これはもう私が人間である限り仕方のないことに思えた。

生まれる感情も私らしくて当然のことだと思えた。

そう考えたら受け入れてしまえる自分がいた。

そんな風に自分の中に何かの感情が生まれることは決して悪いことなんかじゃないんだから。


自分の感情を、素直に受け入れたところで

多少の気づきがある。

素直に受け入れれば幸せになれるというわけじゃあもちろんない。

受け入れて、認めてしまえばこその

切ない気持ちも生まれる。

たまたますべてがプラスになる状況ならいいけど、

本当ならこうしたい、こうなりたい、という希望を

持つわけにいかない現実の状況だってあり得る。

自分の感情は認めた上で、それでも

この現実の中で生きていくしかない。

この事実が切なくて、

思いがけず目頭が熱くなった。


この世に生きている人間だからこそ持っている人間らしい感情を、

受け入れることで生まれる切なさも一緒に、

すべて分かった上で認めることで

よく耳にしていた「生きることは苦である」みたいな言葉の意味がよくわかった気がした。

感情や思ったことはOK、じゃあどうしようか、と進んでいくしかないわけだ。


こうも思った。

人間は感じて考えて悩むからこそ

生きていることを実感できていて

それが生きてるってことなんだろう。

いろんな出来事と、感じたり考えたりしたことで

人生に色がついていくんじゃないかと。


好きな人も苦手な人も

周りの人達の存在は私に人間らしい感情を起こさせてくれる。

それは私が人として生きていることの証拠だから

それを感じさせてくれる存在として

相手に対する感謝の気持ちが強くなった。

それって、今自分が生きていることに対する感謝のような気もする。


今関わっている人たちが

過去世でも同じ時に生きてきた魂同士なのだとしたら

成長するために助け合っている魂の同志なら

私は相手の存在をありがたく思うし

もっと大切にしたいと思えてきた。

今世でも、やっと出会えたんどから。

相手や自分がそのことを知らなかったとしても。

もし知ることがないにしても。




ふたつめはまた今度にしよう。

10/12に見た夢のメモ

夢を見た時のメモ

(だいぶ前だけど)


お笑いの女芸人たちが

番組の制作現場で

ほぼ裸で集合写真を撮影してた。

スタジオ内で、床にも壁にも白い布があって、明るいところだった。

彼女たちは白い布で大事なところを隠しただけの格好。

ナイスバディな人は少なかった。

けどみんな、笑顔で、輝いてた。

あさこさんとか、

森三中の人とかがいた。

イッテQのメンバーだと思う。

15人かぐらいはいたと思う。


私はその芸人さんたちの作る番組のスタッフみたいで、

でも普通のスタッフぽくなくて、AKBみたいなアイドルの中の1人だった。

みんな女の子。

写真撮影の後、スタッフも入れて写真を撮ってくれた。

写真を撮っていたのは男の人。

私は割とかわいい人らしかった。というかそこにいるみんなアイドルだったから、みんなかわいい設定だった。


アイドル仲間から、みーほーという女の子のグラスいらないか?って言われた。

みーほーもアイドルの1人。

グラスはみーほーグッズ。仲間内で売ったりもするみたい。

あんまり売れてなくてか、作りすぎてか、とにかく買ってほしいらしい。

そのグラスは500円で、説得されて仕方なく買おうと思ってた。

別に無くてもいいんだけど、付き合いだし

水飲んだりするのに使おうかと思った。

何か半透明なテープを貼って飾り付けてたのがいいなと思っ た。

でもそれは飾り用じゃなくて業務用の何かのテープらしい。



そこまでしか覚えてない…


11/1にみた夢

夢を見てた朝に書いたメモ。



車よりも大きい何かで

そこから逃げ出す夢


どこか外国の街に

軍隊みたいにたくさんの人たちと住んでて

今日はたまたまみんないなくて

逃げるチャンス

逃げることに賛成の人たちが手伝ってくれてて

逃げるんだけど、目的がそれだけじゃない

なにかを探しに行くみたい

私の準備は完璧で

車よりも大きい乗り物は完璧に整備されて

装備も充実してて

準備万端。

監視の目も大丈夫。

出発前、

何人か知り合いがご飯を食べてた。

その人たちは来ない。

行くのは私と長男(兄)。次男(兄)は残ってるみたいだった。

会社の種森さんもいた。

私は真っ赤に近いピンクのドレスみたいなパジャマみたいなのを着てて

上着として淡い虹色を含む白いモコモコの上着を羽織ってた。

それで出かけようとしたけど

ガラスに映る姿が変だってことに気づいて

服を変えた。

お父さんが、「気づいたの?」って笑いながら言ってた。

お手伝いさんみたいな年寄りの女性もいた。

準備万端だけど

私の服とメイクだけがネックで出れずにいた。

というかもう出発はしてたけど

私が戻ってきてただけかも。

お兄ちゃんに電話しなきゃと思いながら準備してた。

ナカヌシはみたいな言葉?

とにかく確信があって安心してた。


二度寝してみた夢。

オレンジの四角い小さいタイルが敷かれた坂道を車で上がった。

人ん家に入るところ。

急だけど何とか上がって

上で家の中に立ってたら住んでる人が通りかかってやばいとおもってあわてたら

声が出せなかった。

最初は旦那さんに言い付けようとしてたけど、

でも困った顔してたら

なんかかわいそうに思ってくれて世話された。


三度寝の後みた夢

片足で飛んで続けて同じ足で着地するステップをするおじさんをみた。

すり足っぽいけどちがう。インド人かなぁ。

床がちゃいろかった。




「ナカヌシ 」ってなんだろ。

アメノミナカヌシって最近聞いたからかな?

9/10に見た夢

9/11 水曜日(カナダ時間)

夢みてたんだね。

いま録音に気づいた。

録音そのまま記載↓


短い夢。

お母さんから

聞こえるまで、なにかが鳴くまで

待ってたらいいじゃん、

鳴ったらすればいいでしょ?

みたいに言われた。

だからスタンバイしときなさい、

みたいな感覚。

で、私は

ベッドに寝てるんだなっていうのを自覚して

それを聞いたあと

あぁ、言われてたんだー、って思った。

で起きたら、目覚ましの鳴る、

5分…3分前くらい、だった。


(録音終了)


9/10に見た夢

9/11 水曜日(カナダ時間)

夢みてたんだね。

いま録音に気づいた。

録音そのまま記載↓


短い夢。

お母さんから

聞こえるまで、なにかが鳴くまで

待ってたらいいじゃん、

鳴ったらすればいいでしょ?

みたいに言われた。

だからスタンバイしときなさい、

みたいな感覚。

で、私は

ベッドに寝てるんだなっていうのを自覚して

それを聞いたあと

あぁ、言われてたんだー、って思った。

で起きたら、目覚ましの鳴る、

5分…3分前くらい、だった。


(録音終了)


カナダのお誕生日会、すごかった。

昨日、

マサがホームステイしている家で

ママの孫娘の1歳のお誕生日ホームパーティがあった。

呼ばれて参加したら、予想をはるかに超えた

大人数の集まるパーティだった。

これがカナダの誕生日パーティなのか。と思った。

見たことのない配色のレインボーカラーのバースデーケーキ。

f:id:aikorion:20190916063648j:plain

見たことのないほどたくさんの人から

誕生日プレゼントをもらう1歳児。

たくさん人が来て、帰る人もいれば、新たに来る人もいた。

f:id:aikorion:20190916062558j:plain

料理はじゅうぶんにたくさん用意されていて、どれもおいしかった。

ヴィーガン用に植物性の食品もたくさん用意されてた。

きっと準備大変だったろうな。

私は、日本から持ってきていたガーゼの手ぬぐいをプレゼントとしてあげた。

お土産として持ってきていたものだった。

それから、数人で折り紙を折ってくす玉を作った。

会話を楽しめればもっと楽しかったかもしれないけど

英語、まだまだなので頑張って覚えていこうと思う。

マサといっしょにホームステイしているアンドリィは

英語ペラペラなロシアの18歳。独学で英語を勉強したそうだ。

それで今はカナダの大学でサイエンスを専攻しているとのこと。

すごいな。

そのアンドリィが、ネットフリックスでたくさん英語の番組を見て

英語を覚えたと言っていたので

私もここ数日、英語の字幕付きで映画を見ている。

とてもじゃないが理解しきれないのでしょっちゅう止めて意味を調べたりしている。

そのうち慣れて、聞き取りも、読むのも速くなればいいな。

 

言いたいことが英語で言えないからしゃべれないので

この日記を英語に翻訳する作業をしたら

言いたいことが言えることにつながるのではないかと考えた。

でもこんなに長いの翻訳してたら日が暮れそう。いや夜が明けそう。

だから、この最後の文節だけ翻訳しようと思う。

それが済んだら、明日のテストに備えて勉強しよう。

がんばれ私!

 

 

9/12に見た夢

9/12の未明 夜中の二時ごろ(カナダ時間)

録音内容そのまま記載。(かっこ内は補足説明)

 

アブリル先生が夢に出てた。

私が書いた文章(英作文)見て、

「あ、これはうん、とってもいいわ!だけど、」(もちろん英語)

で 指摘を言いにくそうにしてた。

「とってもいいんだけど、あなたは時々違う言葉をわざわざ選ぼうとするね」って。

遠回しに 間違ってるよってことだと思うけど。

(自分でもわざわざ難しい表現をつかおうと

してしまってることは自覚があったので、すぐ理解できた)

そのあと先生が、いつもの陽気な感じで

ウェリントンに行ってみたら?♪」って言ってきた。

ウェリントン大学。(のこと。)

ほんとはこの近所にあるのはウェスタン大学なんだけど

私が間違えて覚えてるからウェリントンって言ったのかも。

ウェリントン大学行ったら何かあるかもよ?って

それは通えってことじゃなくて、ただ行けってこと。

そのひとつ前のシーンでは私は絵をかいてた。

その絵の中には、中国っぽい雰囲気もあったけど もう忘れたけど

お父さんがなにかを見て驚いている絵と、

何かって言うのはまぁ、宇宙とかなんだと思うけど

んーなんか絵をかいてた。

いまリビングのソファーで苦しい体勢で寝てたから夢見たのかも。

ちゃんとベッドで寝まーす・・・。

(録音終了)